santaroのマイホーム建築記録〜パルフェbj スタイル〜

セキスイハイム パルフェbj スタイルでのマイホーム建築記録

1階大工工事5日目(2階は8日目)〜手直し完了!〜

こんばんは。

santaroです。

 

今日は日記ナシ!

 

早速本題に入ります。

 

8月8日(木)7:20〜18:10

この日も大工さんたちは朝から作業に入られました。

 

 

 

1階大工さんの失敗、解答編

 

前回のブログで最後に載せたQ.ですが。

 

読んでくださった方、考えてくださった方、ありがとうございます⭐️

 

もしかしたら、図面がないとわからなかったかもしれません。

久しぶりに図面を載せておきます。

 

1階図面です。↓

f:id:santaro3:20191223222011j:image

 

 

さて。

大工工事4日目には、リビングはこんな風になっており。
f:id:santaro3:20191223222022j:image

 

f:id:santaro3:20191223222304j:image

 

この中に、大工さんが失敗してしまったという施工箇所が写っていますが、どこでしょう?

 

という問題でした。

 

先に言ってしまうと、正解は〜

 

 

 

フローリングの向きです!

 

 

 

手直し後。

リビング入り口付近から南に向けて撮影。

f:id:santaro3:20191223222014j:image 

リビング西側に立ち東に向けて撮影。

f:id:santaro3:20191223222017j:image

 

 

 

前日夕方にリビングを見せていただいた時には、ちょうど大工さんがフローリングを貼っているところでした。

 

大工さんたちが帰られた後、シャッターが閉まっておらず、カーテンもないので、まだ暗くならないうちに外からリビングを覗いてみたところ、フローリングが剥がされ接着剤の跡が残っているのを見ました。

 

santaroとしては、

 

なんでかな?????

 

というところでした。

 

翌日(本記事の日)にうかがったところ、フローリングを貼る向きを間違えていたとのことで。

少し貼ってから気付かれたらしく、すぐに剥がしてから帰られたとのことでした(^_^;)

 

 

フローリングを貼る向きは一応自由らしいのですが、一般的には部屋の長手方向にフローリング材の長手を向けるように貼ることが多いそうです。

その方が、部屋が広く見えるのだそうです。

こちらを参照しました。↓

フローリングの並べ方 フローリング&床材専門店 床材屋

 

 

セキスイハイムの図面にも、フローリングの向きについて指示があったのかもしれません。

santaro一家の新居の図面を見ると、ダイニング・リビング部分だけだとほぼ正方形に近い形なのですが、キッチンまで含めたLDKだと南北に長いので、フローリングの向きも南北に長手を向けて貼ることになります。

 

 

大工さん、猛暑の中、多湿の中、作業をしてくださっていたので、すぐに気付いて手直ししてくださったのなら何の文句もありません。

 

 

2階も進む進む

 

2階も、夕方見せていただいたところ、子供部屋を仕切る可動式のスライディングウォール用のレールが取り付けられました。

 

f:id:santaro3:20191223222044j:image

この部分には後々問題が生じるのですが、それはまた後日改めて。

 

 

そして、主寝室のWICの建具もレールも取り付けられました。
f:id:santaro3:20191223222040j:image

 

 

8月の猛暑の中、暑さと闘いながら、何度も着替えながら、本当に丁寧な仕事をしてくださっていました⭐️

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイム
にほんブログ村