santaroのマイホーム建築記録〜パルフェbj スタイル〜

セキスイハイム パルフェbj スタイルでのマイホーム建築記録

間取り作り終盤〜本契約直前の〇〇変更!〜

こんばんは。

santaroです。

 

今朝やっと熱が下がり、身体も楽になりました。

同じくらい熱があっても元気な子供ってすごいなあと改めて実感しています。

 

ということで、本契約できるかできないか。

直前の大きな決断について書きます。

 

 

資金計画を見て考えた

f:id:santaro3:20191023214908p:image

4月下旬に営業さんからいただいた図面と資金計画を見て、本契約できないかも。。。と思ったsantaroです。

 

同じ大きさの、同じようなインテリアの家が、もっとおしゃれな外観でもっと安く建てられるであろう地域の工務店、ビルダー。

そちらにぐらぐらーっと気持ちが傾きそうになりました。

 

でも、工場生産、鉄骨でのユニット工法、ここまで何年も押しも引きもせず付き合ってきてくださった営業さん、などなど。

いろいろ考えるとやはりセキスイハイムで建てたいという考えに至りました。

 

そこで、あとはどこが削れるのか、図面と明細をじっくり見て検討しました。

 

 

書斎のドアは無くてもいいかな?

キッチンをもっとランクの低い物で妥協できるかな?

窓を少なくする?小さくする?

収納の棚の種類を変えてみる?

 

 

などなど。

いろいろ考えましたが、金額が大きく変わる物ではありません。

 

そこで、santaro夫婦的最終手段の検討を始めました。

 

 

 

もう、〇〇〇〇を変更するしかないでしょ?

 

本契約予定日は5月6日。

最終手段の検討を始めたので、資料をお願いしますと営業さんにお伝えしたのは既にGWに入ってからのことです。

 

本契約予定日の3日前に、営業さんから資料をメールでいただきました。

 

santaroのブログを以前から読んでくださっている方にはもうお分かりかもしれません。

 

間取り作り後半〜パルフェbj でできること⑨〜 - santaroのマイホーム建築記録〜パルフェbj スタイル〜

 

 

そう、santaro夫婦の最終手段とは、

 

 

ユニットの変更

 

 

です。

 

これまで、夢を見て、とにかく希望を盛り込んでみて最後に決めようと言っていたユニットのサイズ。

 

南側から向かって左側のユニットが45ユニット、右側が54ユニット。

 

45ユニット+54ユニット

 

この組み合わせで計画してきました。

f:id:santaro3:20191023220458j:image

45ユニットはこの図で言うところの横幅が450センチ、54ユニットは540センチです。

 

 

これを、

 

45ユニット+50ユニット

 

の組み合わせに変更しようというわけです。
f:id:santaro3:20191023220450j:image

50ユニットは横幅が500センチではなく、厳密には495センチになるそうです。ユニットのサイズが一つ変わると45センチずつ変わるということですね。

 

 

54ユニットから50ユニットに変更すると、1階、2階部分がすべて45センチずつ変わります。

そのため、全体の坪数が少し減ります。

 

この変更で、金額としては

 

およそマイナス100万

 

になりました。

 

54ユニットで広々リビングと少し余裕のある子供部屋を叶えるか、50ユニットで100万抑えるか。

 

 

この頃には、総額を知ってげっそりしていたので。。。

 

50ユニットにしよ。。。

 

ということになりました。

 

 

本契約予定の2日前、

45ユニット+50ユニットへの変更をお願いしました。

 

変更した図面はまた改めて載せます。

 

 

 

ユニットを変えても削れたのは100万。

 

最後のひとあがきは、直接ですね。。。(汗)

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイム
にほんブログ村