santaroのマイホーム建築記録〜パルフェbj スタイル〜

セキスイハイム パルフェbj スタイルでのマイホーム建築記録

照明もやっぱり〇〇〇〇〜完結編〜

こんばんは。

santaroです。

 

今日は、引き渡し日にsantaro夫が見つけた(と言うより気になってしまった)フローリングの傷の補修のために、リペア業者さんと現場監督さんがみえました。

 

お昼過ぎまでかかって作業をしてくださっていましたが、夫は納得するかな。。。

フローリングの材質ゆえに、直し方に限界がありそうです。

 

 

 

照明選びでひっかかったこと

santaroは照明を選ぶにあたって、今となってはそんなに気にしなくてよかったかなと思いますが、妙に引っかかってしまったことがあります。

 

それは。。。

 

 

 

 

 

LED照明の寿命

 

 

です。

 

ブログのトイレ編でも少し書きましたが、

 

壊れた時に自分で交換できるのか?

 

これが妙に気になってしまいました。

 

LEDの寿命で照明を交換しなければならなくなった時、シーリングなら簡単にできますが、ダウンライトは自分ではできなさそうです。

 

それなら、トイレも洗面脱衣室も、みーんなシーリングかブラケットにしてしまった方がいいのではないかと。

 

LEDの寿命って、約10年とか40,000時間とかって言いますよね?

 

10年ごとに交換する必要があって、その度にファミエスに連絡して、業者さんに来てもらって、自分もその時間立ち会って、もしかしたら器具以外に出張費なんかもお支払いしなければならないかも。

 

LEDが全部一度に寿命になったら一度に全部交換で済むけれど、微妙に時期がずれたら何度も何度もそうしなければいけないかも。

 

 

面倒だな〜いやだな〜

 

 

と思いました。

 

 

そのまま正直にインテリアさんとハイムの営業さんにお伝えしたところ。

 

 

LEDの寿命は、約10年と言われますが、それは毎日10時間以上連続点灯した場合の計算です。

多分ですが、どちらかというとLEDの寿命が来る前に照明器具自体が劣化してダメになるのではないかと。。。

 

 

そうなんですか⁉︎

 

 

 

 

 

それに、寿命がきたからといって突然点かなくなるわけではなくて、少しずつ明るくなくなってきたな〜という感じなのだそうです。

 

 

そうでしたか(*^▽^*)

 

 

 

でも、インテリアさんが提案してくださったのは。。。

 

点かなくなって困るところで、1灯のみ使用のところだけ、電球を交換できるタイプのダウンライトにしましょうか?

例えば、トイレとか。

 

 

 

なるほど〜(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

その提案に飛びつきました⭐️

即採用です⭐️

f:id:santaro3:20191001222454j:image

 

 

 

吹き抜けリビングのスポットライトを

 

さて。

本契約数日前に吹き抜けリビングの照明計画を見直していて、やっぱりLEDの寿命が気になったsantaroです。

 

寿命の計算方法はわかりましたが、逆によく使う部屋はやはり寿命が早いのではないかと。。。

 

そこでリビングの照明です。

 

家の中で比較的長く点灯させているのは、リビングだと思います。

 

当初、吹き抜けリビングの照明計画では、

バータイプのブラケットをダイニング上に1本と梁の上に2本。

テレビの上にブラケットを2個。

リビング入り口にダウンライト1個。

オープン階段の前にツインのスポットライトを1個。

梁の横にスポットライトを2個。

 

という計画でした。

この中で、おそらく一番使うのは太字にした2箇所だろうと考えました。

 

 

そこで、またネットでいろいろ調べて、これでいこう!と思ったのは。。。

 

 

 

ダクトレール+スポットライト

 

 

こうしておけば、だいぶ先の話になりますが、寿命が来て交換になった時、スポットライトだけを自分で交換すればいいかな〜と思って。

 

ということで、

ダイニング上の照明をダクトレール3メートルとスポットライト3個

 

梁の横をダクトレール2メートルとスポットライト2個

 

に、変更して頂きました。

そして出てきたのが、3回目の見積もりです。

照明もやっぱり〇〇〇〇〜見積もり編〜 - santaroのマイホーム建築記録〜パルフェbj スタイル〜

 

 

 

最後の最後まで〇〇〇〇

3回目の見積もり時に、ダクトレール+スポットライトに変更していただいたものを見て、

 

 

 

スポットライトたかっ!

 

 

 

と思ってしまいました。

 

1箇所だけならいいんですけどね。

 

ダクトレールにつけるのは

ダイニング上が調色調光タイプを3個。

梁の横が調光タイプで2個。

 

単価が高いと、当然トータルはもっと高いのです。

 

ということで、最後の最後まで。。。

 

 

スポットライトだけ施主支給させてください

 

 

お願いしました。

 

 

だって、ハイムのインテリア見積もりは25%値引きされるとはいえ、ネットで買うとそれより半分の金額で済むんです。

 

 

とっても心苦しかったですが。

 

でも、優しいインテリアさんからのアドバイスをいただきました。

 

 

ダクトレールと同じメーカーで揃えた方が確実だと思いますよ〜って。

 

 

もちろんです⭐️

 

 

出された見積もりを見て、全く同じスポットライトを手配しました(^-^;

 

 

照明はこれで決定です。

 

本契約予定日の3日前の話でした。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイム
にほんブログ村