santaroのマイホーム建築記録〜パルフェbj スタイル〜

セキスイハイム パルフェbj スタイルでのマイホーム建築記録

そうなの⁉︎パルフェbj のキッチン〜キッチン選び編〜

こんにちは。

santaroです。

 

今日は朝からカーポートの施工とハウスクリーニングの業者さんが入ってくださっています。

 

カーポートって、一人で設置できるんだ〜と驚いています。

ハウスクリーニングも今日で何度目でしょう。

 

ありがとうございます。

 

明日は竣工説明の予定です⭐️

 

 

ショールームでリサーチ

 

4月半ば。

はじめての打ち合わせからもうすぐ2ヶ月という頃、キッチンの打ち合わせが始まりました。

 

ハイムのキッチンは、こんな感じでカタログに載っています。

 

f:id:santaro3:20190922160544j:image

 

セキスイハイムのオリジナルキッチン、オールコンフォートキッチンです。

 

キッチンについては、正直なところそんなにこだわりがないし、メーカーの特徴なんかもほぼ知識ゼロ。

ハイムのカタログを見て、これでいいかな〜と思っていたくらいです。

 

でも、一応キッチンについても調べておかなきゃと思い、打ち合わせ前に勝手にショールームに行ってみました。

 

トイレや洗面化粧台も見たかったので、とりあえずはTOTOとタカラスタンダード、それからクリナップとリクシルにも行っておきました。

 

 

ショールームがどういう場所なのかも知らずにドキドキしながら行くと、だいたいどこのメーカーでも

 

をきかれました。

 

予約なしで、とにかく見たいことをお伝えすると、本当に自由に見せていただけました。

質問したい時に話しかければ答えてもらえるだけなので、自分のペースで見ることができました。

 

ショールームって、販売はしないんですね。あくまで設備の展示です。

それも、この時初めて知りました。

 

どのメーカーでも、自分の入れたい設備を選ぶとプランニングシートのようなものに記入をしていただけますが、見積もりは直接はいただけません。

 

あくまで、キッチンメーカーのお客さんはHMであって、施主ではないらしいです。

ですから、ショールームで提示される見積もりは定価になってしまいます。

そこからの値引きは設備メーカーとHMとの交渉になるそうです。

そのため、見積もりはHMが決まっていればその担当者宛に郵送されるそうです。

 

初めて知ることばかり。

これはハイムの担当営業さんにちゃんと話を聞かなきゃだめなのねとわかりました。

 

 

営業さんとショールーム見学

後日、営業さんが見学予約をしてくださったリクシルパナソニックショールームに行きました。

 

まずはリクシル

自分で行った時も思いましたが、リクシルショールームって平日の昼間なのにお客さんが多い。

 

他のショールームではちらほら程度でしたが、リクシルはちらほらではなく結構いました。

リクシルの方にそう感じたと話すと、土日はおそらくゆっくりは見られないくらい多いですとのことでした。

たしかに、リクシルって水回り設備だけでなく建材関係とかエコカラットなども扱ってますからね。

 

 

話はそれましたが、リクシルに行くと営業さんとリクシルの方がお名刺交換。

それから、ハイム仕様のキッチンのパンフレットとプランニングシートを持って案内をしてくださいました。

 

f:id:santaro3:20190922161400j:image

これが、リクシルセキスイハイム仕様キッチンのパンフレットです。

ASRはシエラ、AALはアレスタになります。

ちなみに、あとARCというリシェルSIに相当するキッチンもあるのですが、santaroはパンフレットをいただきませんでした。

 

なぜかって。

 

高額になるとわかった時点で、見ない方が自分のためだと思ったからです(^_^;)

ショールームでリシェルSI見ましたが、素敵でしたね〜⭐️

 

 

HMごとにビルダー仕様のキッチンがあるということですね。

 

リクシルでキッチンの面材や背面収納の面材、ワークトップやシンクの素材、大きさ、ガスコンロかIHか、食器洗い乾燥機をつけるかなどを選び、プランニングシートをハイムの営業さんに渡されました。

見積もりは後日ということです。

 

 

続けて、パナソニックショールームに行きました。

流れはリクシルの時と同じで、ハイムの営業さんとパナソニックの担当さんと一緒に設備を見て選び、プランニングシートをいただいて帰りました。

 

パナソニックのハイム仕様はこちら。

 

f:id:santaro3:20190922162421j:image

 

ALVはリビングステーションVスタイル、ALNはラクシーナに相当します。

 

 

キッチン選べない⁉︎

 

クリナップは、もう自分で行ったからいいですということで、ハイム仕様のパンフレットに選んだ設備のところをマークして渡し、見積もりはsantaroの担当営業さんにお願いしました。

 

クリナップのハイム仕様はこちら。

 

f:id:santaro3:20190922162755j:image

 

ACRはラクエラ、ACSはステディアに相当します。

 

 

さて、ここまで5メーカーのキッチンを見てきて、santaroが気に入っていたのは。。。

 

 

タカラスタンダードでした。

 

 

タカラスタンダードと言えばホーローですよね。

 

ホーローのシステムキッチンに、ホーローのエマウォール。

ついでに言うと、洗面化粧台もホーローで、洗面化粧台周りもエマウォールにすれば、水回りのお手入れが楽になる!と思ったからです。

マグネットがくっつくのも、すごく惹かれました。

 

タカラスタンダードのショールームに行った時も、ハイム仕様のキッチンが2種類あるはずだから営業さんに確認してくださいと言われていたので、ショールーム見学後の打ち合わせできいてみました。

 

タカラスタンダードのビルダー仕様キッチンを教えてください、て。

 

すると。。。

 

 

「タカラスタンダードは選べないんです、すみません。。。」

 

 

結構タカラスタンダードのキッチンで気持ちが固まっていたsantaroとしては、大混乱です。

 

ハイム仕様があるって言われましたし、ハイムオーナーさんのブログにもタカラスタンダードのキッチンが出ていました。

 

「なぜタカラスタンダードは選べないのですか⁉︎」

 

 

「実は、パルフェbj スタイルは基本的に工場据付の設備じゃないと選べないんです。

リクシルパナソニック、クリナップはハイム仕様の工場据付タイプがあるので、その中からなら選べるんですが。。。

工場据付でないと、現場設置になって金額的にも高くなりますし。工場据付に合わせて作っている仕様のものなので、キッチン自体が割安にもなっています。

だから、トイレとか洗面化粧台なんかもやはり同じで。。。工場据付のものから選んでいただくことになります。すみません。。。」

 

 

もともと、キッチンにあまりこだわりがなかったものの、これがいいなと思ったものは選べず。

それでも、少し食い下がってはみたのですが、やはり工場据付でないと選べないとのことでした。

 

パルフェbj スタイルに決まった時点で、そういうできることとできないことは大きいものだけでも教えておいていただけたら。。。

 

 

残念でしたが、仕方ありませんね。

 

ほかのメーカーのキッチンもそれぞれに良さはあるし。

 

リクシルパナソニック、クリナップで選んだ設備の見積もりを見てまた相談することになりました。

 

 

次回は〜見積もり編〜です⭐️

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイム
にほんブログ村