santaroのマイホーム建築記録〜パルフェbj スタイル〜

セキスイハイム パルフェbj スタイルでのマイホーム建築記録

【入居後】ケチって後悔した事、ケチって結果オーライだった事

f:id:santaro3:20200212225104p:image

こんばんは。

santaroです。

 

今日は昼間暖かったので、少し余裕を感じて久しぶりにホームセンターに行ってみました。

店内で目的物を探しながら衛生用品売り場を通りかかると、女性二人が「一箱買えるんだよね。。。」などと話している声が聞こえ、ふと棚を見るとマスクが並んでいました。しかも、50枚入りの箱が。

手に入りにくいと言われるマスク、ひと家族一箱という制限でしたが思いがけずお目にかかれたので一箱購入してきました。

マスクに限らず、早く安心して生活できるようになるといいなと思います。

 

 

さて、新居に入って4ヶ月経ちました。

ふとした瞬間に、

ここは本当はこうしたかったんだよな。

ここは違う色にしていたらどうだったかな。

などと考えることがありました。

例えば、santaroが嫁入り道具として実家から持参した(ただ単に邪魔だから持っていけと言われた部分も否めません笑)アップライトピアノですが、計画段階ではリビングのどこかに置きたかったのですが、間取りを考えるにあたり難しく、1階の洋室に置くことにしました。

妥協して洋室に置くことになった感じでしたが、いざ住み始めてしまえばsantaroは滅多に弾きませんし、ピアノを習っている息子くんはちゃんと洋室に行って練習してリビングに戻ってきますし。そしてリビングでテレビを観ているときにピアノの音が邪魔になるということもなくなったわけで。

今では別に妥協した感もなく、こだわることもなかったなと思えるポイントでした。

 

それでも、計画段階でいろいろ検討してsantaroの意思で決めたのに後悔したこともありました。

 

 

 

ケチって後悔したこと

家づくりの計画で間取りが決まり、インテリアコーディネーターさんとの打ち合わせでカーテンの話をしていた時。

インテリアさんとの打ち合わせの時には家の概算が見えていますから、壁紙はオール標準にしようとかカーテンを施主支給にしようとかいうように金額を抑えられる方法をいろいろ考えました。

 

その中で、santaroがケチったのが。。。

子供部屋のカーテンレール

です。

 

f:id:santaro3:20200212222641j:image

カーテンは施主支給にしたことで好きなものをHMより安く準備することができ満足していますが、子供部屋のカーテンレールは、結構早い段階で後悔しました。

1階のリビング、洋室は来客も考えられるので標準ではなくインテリアさんオススメのカーテンレールを(少しランクダウンして)採用しました。

2階の主寝室も同じものにしました。

TOSOのウッディレジオスとネクスティだったと思います。

インテリアさんから、ハイムの標準のカーテンレールは白一択で開閉時の音も結構しますとうかがいました。

それで上の決断。でも、子供部屋は音が大きくても別にいいかなと思い、少し節約したいこともあって標準のカーテンレールを採用しました。

要するにケチりました。

 

結果的になぜ後悔したかというと。。。

開閉時のシャー音が想像以上に大きい。

レールについているランナーの滑りが悪い。

 

特に2つ目のランナーの滑りの悪さ。時々引っかかる感じがあって、結構イヤです(T ^ T)

 

子供部屋のカーテンレール3本分、ケチらずに選べばよかったと後悔しています。

 

 

 

ケチって結果オーライだった事

逆に、ケチって結果的にこれでよかった!と思う場所もあります。

 

吹き抜けに面した2階ホールの壁

 

です。

f:id:santaro3:20200212222917j:image

 

当初営業さんから提案された図面では、2階ホールの透ける手摺り部分がこれのあとおよそ2枚分右へ伸びていました。

壁ではなく手摺りになっている方が、LD側から見れば開放感はアップしますし、2階に上がれば明るさもアップしたことと思います。

でも、この手摺りがびっくりするくらい高い!

しかも、santaroが吹き抜けリビングのメリットデメリットをネットでいろいろ調べたところ、デメリットとして音や匂いの抜けが出てきました。

匂いはともかく、音は特に夜息子たちが寝に入るときや子供部屋で勉強するようになったときにはリビングでの会話やテレビの音が気になるだろうなと思いました。

また、子供部屋の前に配置したトイレへの出入りがリビングから丸見えになるのも気になりました。

 

そんなことを理由として前面に出し、手摺り代をケチるという裏の理由もしっかり持って、手摺りは今の状態にして壁を伸ばしました。壁にする方がはるかにお安いです。

 

結果的に、この選択でよかったと思っています。

壁にしたことでの開放感ダウンは、初めからこうなので全くわかりませんし感じません。

そして、上に書いたようなデメリットの回避にも役立っています。明るさも、意外とそんなに気にならないくらい子供部屋もほどよく明るいです。

 

 

 

これから家づくりをされる方のほんの少しでもご参考になれれば嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイム
にほんブログ村

新居ついに完成⭐️検査→測定→検査で完了

こんばんは。

santaroです。

 

今日は寒いし風は強いしで、快適エアリー日中も稼働させていました。

そんな中、先月受けたファミエスによる6ヶ月点検(4ヶ月目でしたが💦)後のメンテナンスが入りました。主にはクロスの境目などを埋めていただき、靴箱の扉も調整していただきました。

ファミエスの担当さんがしきりに玄関ドアを気をつけてとおっしゃっていたので、そんなに気にしなくても。。。と思っていたのですが。

作業終了後に帰られるとき、強風の中やはり玄関ドアをしっかり押さえていらっしゃったので、(^-^;という顔をしていたら、

強風で玄関ドアが壊れることがありますから、本当に気をつけてくださいね!

と。

ドアを開けたときに強風でバンっと一気に開いてしまうと、ドアをとめている金具が外れてしまったり、戸当たりに勢いよくドアが当たってくの字に曲がってしまったりしてドアが全部ダメになってしまうことがあるのだそうです。

∑(゚Д゚)

それであんなに。。。気をつけます。。。

 

 

ついに、ついに⁉︎

仕上げ工事4日目。

9月5日(木)

 

なんと、朝5:30。

旧居で目覚めると、何やら外から物音が。

カーテン越しに見てみると。。。

畳屋さんでした。

新居の和室に畳を入れにきてくださったようです。後から見に行くと、畳がきれいに敷き詰められていました。

 

 

そして、7:50〜最後の点検作業が入りました。

翌日9月6日が社内検査の予定でしたので、この日はちょっと屋内に入りにくい、ピリピリとした空気を感じました。これまでずっと開け放たれていた玄関も窓も、ぴったりと閉じられていましたし。

 

午前中差し入れをお届けにお邪魔したときにチラリと見たところ。。。

f:id:santaro3:20200206225352j:image

こんな感じのピンクテープがあちこちに貼られていました。きっと、補修が必要なところなのだろうと思いました。

 

そして、玄関横に外灯がつきました。

santaroはセキスイハイムの標準の外灯ではなく、インテリアコーディネーターさんからお借りした照明器具のカタログの中から好みで選びました。
f:id:santaro3:20200206225357j:image

玄関にもピンクのテープ。。。

 

ひたすらひたすら点検、補修の一日だったようです。

 

 

 

検査→測定→検査

 

9月6日(金)7:00〜19:20

社内検査の日です。

前日、現場責任者さんを中心に社内検査に備えて点検・補修が行われていました。

この日はセキスイハイムの社内検査担当の方もみえて、総点検だったようです。

これまでずっと笑顔で接してくださっていた現場の方々も、この日ばかりは声をかけづらい感じで。。。(-_-;)

 

例によって、恐る恐る差し入れをお届けにお邪魔すると、みなさん真剣に補修作業中でした。

前日よりもさらに多いかと思われる、いろいろなところに貼られたブルーテープ。

はっきり言って、santaroが見てもなぜそこにブルーテープが貼られているのかわからないようなレベルの箇所にまで要リペアのテープが貼られていました。セキスイハイムの社内検査がいかに厳しく細部までチェックされるかがわかり、大変だなと思いつつさすがセキスイハイムだなという思いもありました。

 

 

9月7日(土)8:00〜

専門の方により、気密測定が行われました。

家を閉め切り、何やら機械で測定していました。

 

そして、この日外では工事車両用に敷地内に敷かれていた鉄板が撤去されました。

f:id:santaro3:20200206230910j:image

santaro夫が自らの手で敷いて手入れをしていた芝。もとは青々としていましたが、鉄板を撤去してみたら無残な姿に。

夫はショックを受けていましたが、このはげた芝の大部分はどちらにしても駐車場になる部分なのでね。

 

 

週が明けて9月9日(月)午後。

お役所による完了検査がありました。

要は、建築申請された建物が本当にちゃんと建っているかの確認です。

30分ほどで終わりました。意外とあっけないので拍子抜けしました。

 

この日は午前中に、

工事用ゲート

工事を知らせる看板

仮設トイレ

これらも撤去されました。

 

これで、建物についてはハウスクリーニングを待つのみで完成となりました。

 

前週までいろいろな方が出入りし、いかにも建築中という看板などもありましたが、ここですべてがなくなり、その静けさにsantaroもぽーっとしてしまいました。

 

完成したsantaro一家の新居。

これから外構工事があるとはいえ、家は確かに完成しました。

この日の夕方、完成した気持ちを表現しているのかそんなこともないのか、なんて美しいのだろうかと思わず撮った我が家です。

f:id:santaro3:20200206232122j:image

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイム
にほんブログ村

 

いよいよ完成間近⁉︎セキスイハイムの仕上げ工事②

こんばんは。

santaroです。

 

今日から2月。新居に入っておよそ4ヶ月が経ちました。

今年は暖冬と言われていますが、セキスイハイムの新居のおかげもあって寒さに負けず快適な生活を送らせてもらっているなと感じています。

 

 

仕上げ工事2日目

9月3日(火)

 

前日の進み具合に驚いたsantaroでしたが、この日はどうでしょうか。

 

朝一番にみえたのは、玄関ポーチのタイル貼りをしてくださる職人さんでした。

地元の職人さん、少しご高齢の夫婦でみえていました。ご主人がメインで奥様が道具の用意やタイルのカットのお手伝いなどをされていました。

タイルって、ポーチの中央から外側に向かって貼られていくんですね。仕上がったときに、ポーチから玄関土間へ通った視線がなるほどちゃんと中央から左右対称にみえるようにできているのだなと合点がいきました。

 

f:id:santaro3:20200201215757j:image
f:id:santaro3:20200201215805j:image

タイルを並べるときにはセメントの上にタイルを置いたら目視で金槌で微調整しながら等間隔と直線をとっていかれる。

長年の経験で培われたものかなと思いました。

 

 

同じく早朝からみえていたのが、玄関ホールのエコカラットを施工される職人さんたち。

早い時間だったので、santaroが見に行ったときにはすでに終わって帰られた後でした(^_^;)


f:id:santaro3:20200201215814j:image

 

 

そして電気設備屋さんがみえて、スイッチとコンセントカバー、照明器具、快適エアリーのリモコンなどを仕上げてくださいました。
f:id:santaro3:20200201215800j:image
f:id:santaro3:20200201215817j:image

santaroはシーリングライトは取り付けたことがあるのでわかるのですが、ダウンライトはどんな風に取り付けるのかなと興味津々でした。

照明の取り付け作業をされているときに電気屋さんにおききすると、ダウンライトの裏側を見せてくださり、配線との接続から天井への取り付けを説明しつつ見せてくださいました。

「ダウンライトは穴にはめ込むだけなので簡単ですよ笑」

と言われた通り、配線をつないで天井にあてたら本当に簡単にカポッとはまり、拍子抜けしました。

でも、初めて知ったことなので面白かったです。

 

居室関係はほぼ施主支給の照明です。

 

 

 

吹き抜け上部の窓4面分にはロールスクリーンを採用しました。このロールスクリーンもこの日に取り付けられました。足場がないとできない作業です。
f:id:santaro3:20200201215808j:image

 

うん、もうほぼほぼです。

 

 

仕上げ工事3日目

 

9月4日(水)

 

7:30頃から玄関ポーチのタイル貼り仕上げ作業が始まりました。

 

そしてこの日の一番大きな変化は。

 

早朝2時間ほどで終了した、リビング内の足場撤去でした。

 

内装完了後に一時的に見えていたリビング内がすぐに足場で覆われたので、また久しぶりに吹き抜けがお目見えしました⭐️

しかも、今度は照明もシーリングファンも建具もすべてついた状態です。

改めて感動したことを覚えています。

 

夕方には残っていたエアコン取り付け作業が終了し、もうほとんど完成です。

 

 

この日もいろいろ見せていただいて、

見せていただくと何かと目につくものです。

こんなところも見つけてしまい、焦ったsantaroでした。

f:id:santaro3:20200201222700j:image

子供部屋の扉が削れてる!Σ(゚д゚lll)

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイム
にほんブログ村

いよいよ完成間近⁉︎セキスイハイムの仕上げ工事①

こんばんは。

santaroです。

 

先日のセキスイファミエスの6ヶ月点検時に、キッチン換気扇のフィルターについて、網目に油汚れが付きやすいので市販のフィルターをマグネットで貼って汚れたら捨てるだけという工夫をしている施主さまもいますよと教えていただきました。

 

そういえば、そんな記事をいつか読んだことがあるなと思い出し、santaroもそうしようと思いながら思うだけで早一週間。。。

そろそろ動かねば。。。

 

 

セキスイハイムの仕上げ工事は

 

8月いっぱいで主な内装工事が完了しました。

セキスイハイムでは、内装工事まで完了すると一気に仕上げ工事に入って完工ということになるそうです。

 

santaro一家の新居では、9月の第1週がその仕上げ工事にあたりました。

9月2日(月)から9月5日(木)で仕上げ

9月6日(金)社内検査

9月7日(土)気密検査

 

そして翌週

9月9日(月)お役所による完了検査

 

この後は、引き渡し前にハウスクリーニングが入って引き渡しへ。

という流れになりました。

外構工事がある場合には、お引越し日程によるかもしれませんが完了検査後に外構工事が始まることになるのかと思います。

 

 

凄すぎる!セキスイハイムの仕上げ工事

 

現場監督さんからも、セキスイハイム営業さんからも、

「内装が終わったら一気に仕上げ工事が入ります!」

とはうかがっていましたが。

 

本当に一気に!でした⭐️

 

実質4日間で、

工事の総点検をしてリペアの必要なところや図面と違う所がないかをチェックし。

細かい設備を取り付け。

設備が正常に作動するかを確認し。

必要に応じてリペアする。←結構たくさん(^_^;)

 

 

9月1日(日)6:15〜

日曜なので何もないと思っていたら、早朝からお一人みえました。

収納の中、棚を取り付けるためにみえていました。

f:id:santaro3:20200125215009j:image

 

9月2日(月)

朝から現場責任者さんはじめ、いろいろな担当の方が入れ替わり立ち替わりみえていました。

 

現場監督さんは主にチェックとリペアの指示でしょうか。

 

標準のカーテンレールがつき、

f:id:santaro3:20200125215810j:image

 

水道設備屋さんによってトイレ本体、収納、手洗い、紙巻機などがつき、

(便座は施主支給でしたがこの時に取り付けてくださいました。)
f:id:santaro3:20200125215759j:image

 

専門業者さんによって快適エアリー及び換気システムのガラリがつき、
f:id:santaro3:20200125215803j:image

 

キッチンにIHが取り付けられ、水道の給水排水チェックや食洗機の動作チェックがされ、
f:id:santaro3:20200125215806j:image

 

エアコン取付業者さんによってエアコンも取り付けられました。
f:id:santaro3:20200125215814j:image

 

それ以外にも、煙感知器が設置され、吹き抜け上部の電動オーニング窓のクリーニング(室内に足場があるうちでないとできないそうです)がされ、ホスクリーンなども取り付けられました。

 

この日一日だけでめまぐるしく作業が進められ、住めるようになっていく我が家に感動の嵐でした。

 

 

 

トイレのにおいのこと

 

この日より少し前からsantaroには気になることがありました。

特に2階でしたが、トイレがにおうような。。。

はっきり言えば下水臭さが何となく立ち込めているような。。。

 

水道設備屋さんが2階のトイレ本体を取り付けにかかられている時、そんな話をしてみました。

実際その時も臭いはありましたし。

 

すると、

「配管が通るとどうしても下水の臭いが上がってきてしまいます。これから給水とつないで水を流してしまえば、その水によって排水管に蓋がされる状態になるので臭いはしなくなりますよ。そこだけ急いで繋いじゃいますね(笑)」

と言って、本体を取り付け水を流してくださると、本当に臭いがしなくなりました。

 

先日のファミエスの検査時にも、食洗機、トイレの独立手洗い機などは同じ原理でしばらく使わないと臭いがすることがあるので、できれば毎日一回は水を流してくださいと言われました。

 

トイレの話に戻りますが、トイレの取り付け時の臭いは基本的に慣れるそうですが、時々下水道に流される洗剤などの成分によって目が痛くなったりすることがあるそうです。

大変なお仕事をされているのだと初めて知りました。

ありがたいですね。

 

 

仕上げ工事初日のお話でした⭐️

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイム
にほんブログ村

 

仕上げ工事直前!8月末の内装工事一気見!ちょいミスあり?

f:id:santaro3:20200120223448p:image

こんばんは。

santaroです。

 

昨日は入居後不具合の出た窓を調整し直すため、ファミエスから依頼されたサッシ屋さん?が来てくださいました。

セキスイハイムの高気密住宅を維持するための大事な窓。入居してすぐに調子が悪くなりました。

ファミエスの担当さんにお伝えするとすぐに見に来て下さったのですが、ファミエスでは手に負えないとのことでセキスイハイムの提携先と思われるサッシ屋さんを手配してくださいました。2ヶ月以上放置状態でしたが、昨日無事に直していただきました。

 

詳細はまた改めて記事に。。。したいと思っています⭐️

 

 

クロス貼りが終わる頃

 

8/21から始まったクロス貼りは、8/31に完了しました。

約10日間。1階担当さんと2階担当さんとでそれぞれスケジュールが違うらしく、同時に施行している日はほぼなかったような。。。

 

壁も天井もたくさんありますが、貼り始めてしまえば結構早かったように思います。

ただ、暑さが。。。(><)

大工工事の時からそうでしたが、特に2階と小屋裏は本当に酷暑の中での作業でした。

小屋裏に至っては最終日に貼ってくださっていましたが、見に行くとクロス屋さんのお顔は真っ赤ですし、汗はどんどん流れていますし。気温と湿度との闘いだったろうと思います。

 

さて、クロス貼りが進む中、部材違いで施工が止まっていた1階和室の吊り収納が8/28につきました。

 

早速。施工前日のビフォー↓

クロスもほぼ終わっていました。吊り収納のクロスは収納完成後に貼りに来るとのことでした。

f:id:santaro3:20200120215421j:image

↓↓↓↓↓

アフター
f:id:santaro3:20200120215417j:image

24時間換気システムのダクトも大工さんのおかげで隠れました。収納は2段です。襖の扉は後日建具屋さんが入れてくださるとのことでした。

 

 

 

そして見つけた施工ミス

和室の収納部分とクロスを写真におさめてから気づいた施工ミスがありました。

上記ビフォーの写真にバッチリ写っています。

 

何かというと。。。

 

 

床の間のクロス違い

 

です。

 

床の間の背面は、アクセントクロスでグレー系を入れたつもりでした。

が、周りと同じホワイトになってる(´⊙ω⊙`)

 

それはそれで、別にいいかなとも思ったのですが。。。

 

ちょうど、2階担当のクロス屋さんがみえていたので相談してみました。

打ち合わせと違うクロスが入っていること、このままでもいいけれどアクセントクロスの方がいいんじゃないかという気もするということ。

すると、クロス屋さんからは

「貼り替えは可能だし、せっかく決めたクロスがあるのだから後悔しないようにアクセントクロスにしておいた方がいいのではと思います。」

と。クロス違いについては、その場で2階担当さんがどこへやら連絡をしてくださり、8/31に吊り収納のクロス貼りをする時に直してくださることになりました。

 

どう変わったかというと。これが、

f:id:santaro3:20200120220711j:image

↓↓↓↓↓

和室完成時の写真ですが、こうなりました。
f:id:santaro3:20200120220707j:image

一ヶ所クロスを変えるだけで、ずいぶん雰囲気が変わるなと思いました。

 

 

8/29は基礎化粧の日(基礎塗装)

この日は9:20から基礎塗装の工事が入りました。

 

またまた暑い日でした。

ベタ基礎打設以来ずっとコンクリートだけだった基礎部分。

この日一日だけで3段階作業。一気に変わります。

 

 

基礎のコンクリートが削れたり穴が開いたりしているところはモルタルかな?で埋めて平らにします。

f:id:santaro3:20200120221649j:image

↓↓↓↓↓

乾かします。
f:id:santaro3:20200120221653j:image

↓↓↓↓↓

下地を塗ります。
f:id:santaro3:20200120221645j:image

乾かします。

↓↓↓↓↓
表面に少しキラキラした感じのお化粧を塗ります。
f:id:santaro3:20200120221636j:image

乾いたら完了です。

 

冬場だとなかなか乾かなく数日に渡ることもある作業だそうですが、夏は乾きが早いので一日で完了するそうです。

 

基礎も美しくなりました。

 

 

 

そして、8/29の午後には電線の引き込み作業もあり、ついにsantaro一家の新居にも電気が通るようになりました。

ここからは、室内作業で必要な電源は室内のコンセントから取るようになりました。

 

 

 

8月最終週に一気に進んだ内装工事。

7/17の上棟から実に1ヶ月半の作業でした。

完工予定は9月第1週末。あと1週間で完工、完了検査になります。

 

最後の1週間の仕上げ工事もすごかったです。

目がまわりそうなくらいに⭐️

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

 

【入居後】家を建ててから帰省して初めて気づいた家のこと

f:id:santaro3:20200117231053p:image

こんばんは。

santaroです。

 

先日次男にこんな風にきかれました。

「うちって、あったかハイムじゃないよね?」

 

思わず目が点になりました。あったかハイムを建てたつもりなんだけどな〜。。。(-_-;)

次男にとっては暖かくないのかな?いや、よく家の中を下着で歩き回ってるから暖かいはず。。。

 

いろいろ考えて、きっと彼の中では『セキスイハイム』と『あったかハイム』は別物なんだなという結論に至りました。あーびっくりした⭐️

 

 

あったかハイムはあったかい

 

今月連休を使って実家に帰省しました。

新居を建ててから初めての帰省でした。

santaroの実家は築30年程のA社のHハウスです。

構造はしっかりしていると思います。

でも、santaro夫婦の建てたセキスイハイムは暖かいけれど、実家は寒いなと感じました。

間取りも違いますし、何より30年前の家と今とでは家自体の性能も建材も違うはずなので比較にはならないと思いますが。

 

比較的温暖な地域にある実家ではありますが、1月のこの時期リビングでエアコンだけでは足りず、石油ファンヒーターも使用していました。

santaro夫婦の新居ではリビングは快適エアリーのみで十分暖かいです。

もっと言えば、リビングの快適エアリーだけつけておけば、2階の居室も寒くありません。

 

セキスイハイムのあったかハイムはあったかい⭐️

そう実感して帰ってきました。

 

 

 

将来かかる費用のこと

 

実家は築30年ほど。

これまでに、外壁の塗り替え、リビングのリフォーム、キッチンのリフォーム、数年前にはトイレのリフォームもしていました。

外壁の塗り替えには数百万円、リビングのリフォームもフローリングとクロスの貼り替え、小上がりの和室を潰してフローリングに変更で数百万、キッチンはよくわかりませんがトクラスに交換、トイレは便器本体と便座の交換で数十万かかっていると思います。

 

そして今回の帰省で聞いたのが、浴室のリフォームの計画です。浴室をユニットバスにし、洗面脱衣室のリフォームも加えてHMから言われたおよその金額が170万円だそうです。

 

そっか、家って建てたらいずれはリフォームが必要になるんだと改めて考えさせられました。

特に水回りなどは、普段からお手入れしていても傷みやすい設備ですしね。

 

ちょうど今日はセキスイファミエスの6ヶ月点検(まだ引き渡しから4ヶ月弱ですが💦)があり、今後のメンテナンスの目安表のようなものをいただきました。家の外、中のいろいろな設備について、洗浄が必要な時期、部品交換が必要な時期などの目安がまとめられていました。

ファミエスの担当の方からも、この表を参考に交換が必要になった時にできるよう資金の計画もしておくことをお勧めしますと言われました。

 

新居を建てたばかりでもうリフォームを見据えなければいけない。

うーん。。。

と複雑な気分になりましたが、これはちゃんと考えておかなければいけないことだと思いました。

また逆に、今回標準仕様で選んだ設備も、リフォームしなければいけなくなった時にはその時に気に入ったものを入れられるかもしれないという楽しみもあるのかなと思っています。

 

 

新居を計画するのも家づくり、建てて住んで自分たちのスタイルをつくるのも家づくり。

そして将来を見据えて計画するのも家づくりなのかなと思った帰省でした^ - ^

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイム
にほんブログ村

 

セキスイハイムのクロス貼り

f:id:santaro3:20200113220322p:image

こんばんは。

santaroです。

 

この三連休を利用して帰省していました。息子3人を連れて年末年始に長距離移動するのは怖すぎるので、毎年帰省は少しタイミングをずらしています。

が、この連休中困ったことに、ブログ村にログインできなくなってしまいました。

もともとSNSに疎いのにブログなんて始めて、しかもログインできなくなるなんてプチパニックです。

今日やっと入れましたが、アカウント管理って大事だなと痛感しました(><)

 

 

いよいよクロスの登場

 

8月21日(水)8:30〜

19日 木工立会で大工工事の確認。パテ埋め。屋内用足場組み。

20日 大工さんの手直し。

 

そしてこの日からはクロス貼りの職人さんが入られました。

初日は1階を施工してくださる職人さんのみ。ご夫婦でおみえでした。

 

朝、ご挨拶をして。。。

残念ながら、この日からsantaroは帰省してしまったので、ここから数日間は見学ができませんでした。

 

帰省から戻って見せていただいた時の感動ったら⭐️

 

それまでは毎日見学して工事の進み具合を見ていたので、数日あけるとこんなに進むものなのかと思いました。

 

大工工事の時にはリビングの吹き抜け部分の壁や梁は2階担当の大工さんが施工してくださっていましたが、クロス貼りは1階担当の職人さんが吹き抜け上部までされるようでした。

 

 

クロス本体は上棟の時からあったような気がします。1ヶ月以上待機していたクロスたち、いよいよ出番です。

 

 

 

クロス貼りの過程

クロス貼りの職人さんたちは、一般的にはみなさんそれぞれに『マイのり付け機』(本当の名称は知りません💦)をお持ちだそうです。

 

こういうの。↓

f:id:santaro3:20200113213833j:image

 

 

巻物状のクロスは、幅90センチになっているとうかがったように記憶しています。

 

そのクロスをのり付け機にセットし、長さを指定したら、機械を作動させればのり付けされたクロスが指定通りの長さでカットされて出てきます。

 

それを、天井から床に向けて垂らし、ヘラでならしながら貼っていきます。

 

 

8月26日(月)に見せていただいた作業です。

吹き抜け部分の天井から。。。

f:id:santaro3:20200113214227j:image

 

長さ5メートル位かな?クロスがてろーんと。。。

f:id:santaro3:20200113214813j:image

 

キッチン側も。。。

f:id:santaro3:20200113215111j:image

 

そして、翌8月27日に見せていただいたところ。。。

LDカウンターの下部分はこんな感じで。。。

f:id:santaro3:20200113215519j:image

無理な姿勢で。。。ありがとうございます(><)

 

セキスイハイムの工場生産は無理のない姿勢で行われる作業でしたが、ここでは暑い中無理な姿勢で。。。^_^;

 

 

 

クロス貼りは予想以上に早い作業で、これはもう本当にどんどんお部屋が素敵にお化粧されていきました⭐️

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイム
にほんブログ村